【アメリカ】サンフランシスコのクラフトビール アンカーリバティーエール

海外
スポンサーリンク

アメリカのクラフトビールの中でも有名なアンカー。

1896年にサンフランシスコで創業し、アメリカで最初のクラフトビールの蒸留所として知られている蒸留所です。

税抜429円

ホームページには「ホップの苦みと爽やかで雑味のない味わいが特徴的なペールエール」と説明されています。

アルコール分は6%。

以前飲んだ時はかなり美味しかった記憶があります。

色は綺麗な琥珀色

泡はクリーミィ

味の方は、苦みがしっかりしてコクがあり、香りがいいです。

やはり美味しいです。

ただ、以前は感じませんでしたが、グランドキリンのような独特の苦みがします。苦み自体はずっと口の中に残るので余韻を楽しめますが、個人的には苦手な部類の苦みです。

ちょっとした甘味と酸味も気になります。

ただ、二口目からはあまり気にならなくなり、終始美味しく感じました。マッシュポテトやピザなんかと食べるのもおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました